氷が水に!春です。

「氷がとけたら何になる?」

北海道では春が来ます。

雪が段々と日中の暖かさで締まってきました。

一日に10センチ近く、積もった雪山が下がる日もあります。

ゆっくりゆっくり、とけてくださいよ。

タンポポハウスの横には小さな歌才川があります。

雪解けが急激に進むと小さな歌才川は増水して

一年で一番の増水ラインを記録することに・・・・・。

ゆっくりゆっくり、春が来ますように。

今朝、7時は-7度でした。

窓に白い林のように見える氷が、とてもきれいでした。

7時の日の出

3月は季節が変化していく毎日です。

3月の最初の一日

3月と聞くともう、春の気分です。

昨日は玄関の温度計が-14℃を

記録しましたが、

もう、3月と思うだけで-14℃も寒く感じない

心の温かさです。

昨日の朝7時過ぎの温度計です。

雪の壁が出来ているタンポポハウスですが、

3月は「雪はとける」と心軽やかに思えます。

この冬も頑張った除雪機とボノ、そして隣の犬。

ボノも元気にひと冬越しました。

おじいさんですが、気持ちは若者。

毎日、隣の犬が早朝あいさつに来るのに

家から元気に飛び出してきて答えます。

毎日日課のタンポポハウスの周辺警備も欠かしません。

そんな、昨日はタンポポ夫人の生まれ故郷から送ってもらった

「無農薬のビターオレンジ」のマーマーレードジャムを

一日かけて大きな鍋で作りました。

この、ジャムを待ってくださってる方には

春のお知らせのようなマーマレードです。

来週には販売始めます。

除雪の朝は腹ペコだ。

今朝は少しでた太陽の光が木の影を雪面にうつしました。
それを見ながら朝ごはん。毎日見ても素敵な風景です。

「よく降るね・・・雪・・・。」があいさつになって随分長いような・・・・・。

(ほぼ)毎日の除雪は冬場の健康維持にいいかもしれないという

前向きな考えをもって2020年の年末よりずいぶん降る雪と過ごしています。

朝ごはん前の1時間の除雪は自分達の通る道を作るために、

朝ごはん後の除雪は腹ごなしに運動と思ってせっせと動きます。

そして、除雪のある朝はごはんがおいしい!

ヨーグルトにグラノーラ+はちみつ!定番の朝食です。

たんぽぽCaféでもヨーグルトにお出ししていました。

オートミールにヒマワリの種、かぼちゃの種、アーモンド、胡桃

黒糖と豆乳で焼き上げたグラノーラです。

はちみつは「くり」の花から採れた蜜です。

この、はちみつがおいしい!

今度、ご紹介できればと思います。

おいしいものから元気をもらって

今日も一日がんばります。

タンポポハウス”Granolaグラノーラ”黒松内町の道の駅で販売中です。

120g650円 60g350円