初雪、うれしい!

朝、カーテンを開けると「初雪」でした。

初雪は何度経験しても「うれしい!」気持ちになります。

たとえ、これから来る厳しい寒さを知っていても

除雪の大変さを知っていても、初雪の朝は早く外に出て

この雪を踏む感触を味わいたいと思ってしまいます。

そういえば、昨日の空は鈍色でした。

雪を降らせる冬の重い色です。

でも、この空の色も好きです。

ココアが美味しく感じるから。

本来なら11月からは「冬期休業中」となる

タンポポハウスです。

静かに今年も冬期休業に入らせて頂きます。

秋色の季節です。

ホクホク顔のタンポポ夫人のお気に入りの季節。

栗拾いの季節がやってきました。

「今年は栗のイガが少ないんじゃない?」と、

栗の木を見上げていましたが・・・・・。

心配をよそに、落ちてくる・・・落ちてくる・・・、

栗の実が空の方向から

バラバラと落ちてきているとのこと。

「拾っても、拾っても、まだ落ちてくるのよ」

と、うれしい話です。

栗拾いはタンポポ夫人の仕事。

イガの処分はタンポポさんの仕事。

「シバ栗は小粒だけど味がいい」と、

苗木をもらったのが27年前。

木を植えたら一生楽しめると聞いたことがあります。

眺めて楽しむだけではなく実まで落として楽しませてくれる栗です。

今朝6時、2重に虹がかかっていました。
早起きは三文の徳。プレゼントもらいました。

12℃の朝

朝の散歩に上着の必要な季節になりました。

春、若葉の出る順番が、それぞれの木で時期が違うように

秋、葉の色がそれぞれのタイミングで黄色くなったり、

赤くなったり、茶色くなったり、落葉したりと冬に向かいます。

毎日の朝が違う景色の発見で、同じ道を楽しんで散歩しています。

今、ツタ漆?の紅葉がきれいです。

真っ赤ではなくて、朱色です。

「シュイロ」いい響きです。

小学生の時の大切にしてた色鉛筆を思い出します。

萩の花が満開に咲くタンポポハウスの裏でタンポポさんは木を切って

冬の準備です。

「ドングリの木が大きくなりすぎて、家の壁に悪さするようになってしまった」

とのこと。

冬が来る前に・・・・という「秋仕事」です。

秋といえば先日、労働婦人部が2020年終了となり

それぞれの生活に戻るべく解散しました。

労働婦人部のお二人、ご苦労様でした。

秋は夏と冬の区切りの季節です。

仕事をすっきり終わらせて、来るべき冬に備えます。