「お婆さん桜」春の知らせ

DSC_0093

隣町でも桜は咲いているとか・・・・・

黒松内の川沿いも桜は咲いている・・・・

タンポポハウスのお婆さんの桜はいつ咲くのかな?!

と、毎日桜の木の下まで見に通っていましたが

昨日、タンポポハウスのお婆さん桜が

先のほうがちょっと開花!

うれしい!春の知らせです。

エゾアカガエルの声も聞こえ、水仙も咲き始め、自然の順番で

気温と共に次々と毎年の春のお知らせのようです。

DSC_0097

昨日はタンポポさんが、一輪車で水を運んで忙しそうです。

「何してるの?」と、聞いたら

自分で実から育てた栗の木が大きくなったので移植してるのだと。

穴を掘っては木を植えて、

木を植えては水を一輪車で運び・・・・・。

何本も何本も往復しながら植えていました。

木を植えるのは楽しいですね。

この木が大きくなって、栗がなることを想像しながらの作業でしょう!

タンポポ夫人は栗拾いが大好きですから。

3年くらいしたら実がなるのかしら?

春の知らせといえば、ブヨもちゃんと出てきました。

刺されると腫れて痒くて・・・うれしくないブヨの季節です。

これも、自然の順番ですから、

今日からは腰に蚊取り線香をぶら下げて外の仕事をします!

今朝なんです

昨日のお昼過ぎから降り始めた雪が

今朝は15センチの積雪に!

真っ白な世界になってしまいました。

今朝6時45分の温度計

雪長靴で朝の散歩をしました。

ギュッ、ギュッ、と雪長靴の足元で一歩ずつ

雪の音がします。

次の冬までこの新雪を踏む音は聞けないかな・・

最後の新雪を踏む感触と音を楽しみました。

洗濯の竿も雪だらけです。

最後じゃなかったりして・・。

車の冬用タイヤの交換は今月末の予定です。

もう、降らないでしょう!

水芭蕉がでてました

まだまだ、0度の朝も続いているのに

春だ!春だ!と出てきた水芭蕉。

この場所は、昔ここに住んでいた方が

牛乳を冷やすのに使っていたという場所だそうです。

雪が解けて頭を出したブルーベリーから

冬囲いの紐をほどいていきます。

少しでも伸び伸びできますように。

この木は「サクランボ」の木です。

冬の間に、ネズミに木の皮を齧られています。

ブルーベリーも、木の皮をネズミに齧られていました。

「柳とかハンノキとか食べてくれたらいいのに・・・・。

お腹いっぱい食べても、まだまだはえてるのにね。」

と、こちらは思っているのですが。

毎年の「冬期間のネズミの仕事」です。

雪が解けて積雪が下がってくると

「今年はどの木がやられちゃったかな?!」

と、春一番の見回りです。

ネズミも冬の間、食べるものを探し齧るのですから

しかたないですね。

そして、川には雪解け水がゴウゴウと水量を増し流れています。

雪解け季節の心洗われる景色です。

「水に流す」と、いう言葉のとおり

気持ちが、すっきりするほどの川の流れです。