マイナス4度の朝

今朝はマイナス4度。気温マイナスの朝。

バリバリの雪の上を犬と散歩します。

雪はうっすら地面に残っているだけで、

地面が少し見える雪の間からは

凍り付いたクローバーが見えます。

その凍った草を踏む、足の裏の感触は

マイナスの朝ならではの、「朝散歩、幸せプレゼント」です。

そんな寒い日が続いていますが、

冬休み中のタンポポハウスでは

薪ストーブで暖をとりながら

タンポポさんは畑で採れた黒豆の選別に励み・・・・

タンポポ夫人は「タンポポハウス・自家焙煎珈琲豆」の発送作業を行います。

寒い日は寄り添って、暖をとっての仕事をします。

冬の一日一日も忙しく過ぎていくと2人は言っております。

今週は寒さが押し寄せる予報が出ています。

初雪、うれしい!

朝、カーテンを開けると「初雪」でした。

初雪は何度経験しても「うれしい!」気持ちになります。

たとえ、これから来る厳しい寒さを知っていても

除雪の大変さを知っていても、初雪の朝は早く外に出て

この雪を踏む感触を味わいたいと思ってしまいます。

そういえば、昨日の空は鈍色でした。

雪を降らせる冬の重い色です。

でも、この空の色も好きです。

ココアが美味しく感じるから。

本来なら11月からは「冬期休業中」となる

タンポポハウスです。

静かに今年も冬期休業に入らせて頂きます。

秋色の季節です。

ホクホク顔のタンポポ夫人のお気に入りの季節。

栗拾いの季節がやってきました。

「今年は栗のイガが少ないんじゃない?」と、

栗の木を見上げていましたが・・・・・。

心配をよそに、落ちてくる・・・落ちてくる・・・、

栗の実が空の方向から

バラバラと落ちてきているとのこと。

「拾っても、拾っても、まだ落ちてくるのよ」

と、うれしい話です。

栗拾いはタンポポ夫人の仕事。

イガの処分はタンポポさんの仕事。

「シバ栗は小粒だけど味がいい」と、

苗木をもらったのが27年前。

木を植えたら一生楽しめると聞いたことがあります。

眺めて楽しむだけではなく実まで落として楽しませてくれる栗です。

今朝6時、2重に虹がかかっていました。
早起きは三文の徳。プレゼントもらいました。