トップ > ブログトップ > 2017年 > 6月の記事

2017年6月の記事

ねえ 近頃よく働くとおもわへん 私たち

小さな株から大株に成長

雨降る中

移植する園芸たんぽぽさん

ずーっと こうしたかったんや

入り口の階段の下にギボウシ大株

それも

両側に 種類違いを2株

土曜日の函館体操指導の帰り道に

森町はたの園芸さんに立ち寄り

タンポポ母さんの探していた念願のぎぼうしを土産に帰宅

お店を閉めてからの作業は

新しい仲間を どこに植えたらいいか

一輪車に道具を乗せ

ここか あそこか

かなり固い土石を掘り起こし

穴掘りタンポポ父さん

水を運ぶタンポポ母さん

ネエネエ 私たち かなりヘロヘロなのに

なんでこんなに頑張るのかねー

うーん

わかった

動ける時間が そんなに沢山無いからかもしれんね

しかし 楽しみだね

何年かしたら また株分けしてあげなあかんねー

そんなこんなの作業を終えるともう力尽き

温泉にいこう

力はなし

こうして今日も一日過ぎていきます

10円高のタンポポ父さん

もちろん早めにぐっすりです

友 遠方よりきたる の一日

土曜日の天気予報は雨予報 でも曇りの一日

朝 一番の出会いは函館のギャラリーご夫妻

回りまわって つながる糸のように

今日の出会いも

すごく近い友人までつながる出会いでした

二番目に出会ったのは静岡弁

白い大きなホンダ二輪車と共にお茶タイム

次の目的地はマッサンの余市だと

懐かしのふるさとのかおりと共に去る

お店も閉まる時刻の出会いは

2008年11月より 時は流れ

9年を超えた再見

台湾の若者は 小さな息子さんと共に

一人が 三人になって訪ねてくれた

覚えているよ

寒くて

手袋のプレゼントをしたね

台湾から 木で作られた小さなキーホルダーを届けてくれたね

台湾の国の形のキーホルダーだったね

ワニの形と間違えて

なんでやねん

台湾やんか

元気で国に帰りついたこと

良かった良かったと語ったこと

覚えているよ

あの時の若者が

「田中さん」

自作の旅日誌おみやげに訪ねてくれた

国の事情ではなく

人と人の繋がりを大切にしていけば

争いは うまれない

中国を旅しながら それを教えてくれた恩師は

もう いまはいない

でも先生

覚えているよ

人と人だね

今日も

友遠方よりきたる

明日の旅が二輪車にとって良い一日であるように

明日の北京行きが良い空であるように

照る照る坊主を数えながらやすむ事にします

今日の予報外の雨なしの一日のように

あーしたてんきになーれ

投げた下駄は表をむーけ

 :