トップ > ブログトップ > 2017年 > 3月の記事

2017年3月の記事

アイウエオ順では一番最後の駅名とか

今日 駅を横目で見たら

一両客車駅の窓をコンパネで覆ってあった

ああ もう駅が無いんだ

真っ直ぐ見ないまま通過した

ここに住んで22年

最寄り駅としてお世話になった

住んだ時から無人駅だったので

入場券もいらずに 友人を見送ることが出来る

汽車が見えなくなるまで 手を振り続ける別れのひと時

なんて ロマンチックなの

ピヨピヨ保育園時代の友人がおおいに喜んで

いつまでも一両汽車の後部窓から手を振り続けてくれた

いまはもう会えない友人だ

京都から会いに来てくれたお客さんは

除雪の間に合わないホームまで

5号線からラッセルして汽車に乗り

事も無く言った

こんな事もあろうかと

ラッセル出来る服装を用意して来て良かったと

最後に駅を利用したのは

台湾からの友人たち

あの日の一両客車は全部外国からのお客さんたちであったと思う

私たちが抱き合って別れのご挨拶をしている様子を見て

窓から手を振り挨拶を

まるで 人類皆兄弟のように

そんな蕨岱駅が 寂しい姿になった

仕方が無い

せめて 歌おう

函館本線日本海

もっともっと寂しく そして困るのは

車を持たない 近くに暮らす方々

学校も無くなり

駅も無くなり

それでも

毎日暮らしています

春になると

駅の周りに福寿草が咲き

少し走ると畑一面の菜種花やそばの花

四季を彩る歌才湿原の花々

汽車の止まらない駅には

白い花が今年もまた風に揺れるだろう

長くて短い歌才暮らし

何があっても 変わらずコツコツ暮らす人になりたい

そう思います

 :