トップ > ブログトップ > 2016年 > 2月の記事

2016年2月の記事

たんぽぽ婦人の冬の旅

タンポポ夫人は30年来の友人に

会いに旅にでました。

暖かい気温にほっとしたそうです。

そして友人も家族も

それぞれが一生懸命に生きてることを

感じたんですって。

顔を見て会えることは

一番の贅沢な時間です。

お互いの時間と時間を合わせる時間は

一番の贅沢な時間です。

大分からお雛様

もしかして、あと少しで3月?!
と、うれしがっていたら
大分の友人のお母さんよりお雛様を頂きました。
ありがとうございました。
橘も桃もないので
高知から頂きましたレモンをいろどりに。

大分からのあわせ貝のお雛様

大分からのあわせ貝のお雛様

 

気の毒なのはブルーベリーです。
この冬は雪の中の布団に入ることができず
頭を外に出したまま・・
いえいえ、肩までだしたままひと冬を過ごしました。
「ビニールハウスもまだ半分出てるんやな・・・。」
と、タンポポ夫人も観察していたようです。
他人事ながら、ブルーベリーの寒さを思うと
まるで自分の頭が冷える気がします。

本日のブルーベリートビニールハウス

 

冷えると言えば
先日、首から肩、腕と関節がうずいて痛く
とうとうインフルエンザをもらってしまったか・・・・
と、チラッと思いました。
そう思うだけで弱い気持ちが
インフルエンザウイルスに知れては
増殖のきっかけを与えるのでは・・・・・と。
急いでマッサージ椅子で”揉み具合強”で
グリグリ揉んで未知のものを散らすことにしました。

 

 

揉み散らしてからすっきりして気が付いたのですが
インフルエンザではなかったのです。
原因は新しい機械がタンポポハウスに来まして・・・。
必死に使い方を習得しようと
テーブルの上に置いたそれを何時間も見つめ
首と肩に力が入ったようで
考えられない関節痛までになったもようです。

 

 

3月になったら除雪もしなくていい(と思ってる)ので
か弱い首も春を喜んでいることでしょう。

生きてる間に挑戦したいこと

タンポポさんの
生きてる間に挑戦してクリアしたいこと。

 

 

 

①ダンス(クリア!)
②書道(まだ)
③歌(まだ)

 

 

今日は③番目の歌を歌う挑戦をする。
「カラオケ買ってくれ」
と、だいぶ前から言ってるけれど
だれも本気にしていなかった。
最近、再び熱心にカラオケ買ってくれというので
マイクカラオケを持っている友人に
”体験カラオケ会”を開いてもらうことにした。

 

 

 
「おれは、カラオケみんなでしたいわけちゃう。
 1人で密かに練習したいんや。」
と、デビューする気はまったくないと
かたくなに”体験カラオケ大会”を拒んだ。
まったく!!テレビにへばりついて
1人で歌ってるなんて陰気臭い・・・・。
その割に600曲入りより
800曲入りを買ってくれと希望している。

 

 
「ええやん。別に歌わんかったら。
 みんなが歌ってるのを拍手したり盛り上げたりしとけば。
 みんなを喜ばすのも修行や。」
と、誰が言ったか言わんか知らないが
多分それは
「600曲も800曲も1000曲もいらんたろ!。
 どうせ1曲でいいんちゃうか!?」
と、言った隣の赤い屋根に住んでいる住人だ。

 

 

 

タンポポさんも参加して
隣の赤い屋根の冬休み中タンポポCaféで
総勢8名の体験会を開いた。
ここは隣近所もないから歌いほうだいで
夏になったら星空のもと
歌うのもいいかもしれない。

 

 

 

「おれはちょっと・・・。」
とか言ってトイレに行ったり
「まあまあ・・・。」
と、マイクを握らなかったり・・・・・・。

 

 
そして、そして・・・・・・。
おいしい日本酒に助けられ
マイクを握ってタンポポ夫人とデュエット「昭和枯れすすき」。

 

そして、ダンス・・・。

 

 

”カラオケ体験会”よりその後
「カラオケ買ってくれ」
とは言わなくなったたんぽぽさん。
カラオケはいかがだったのでしょうか?
600曲?
800曲?
1000曲?
それとももういらんでしょか?

 

 
”カラオケ体験会”にご参加・ご協力の皆様
ありがとうございました。

2月の温度計

2月になり真冬用の薪を使って良いと

タンポポさんから許可がでました。

 

 

 

 

 

なんといっても

冬用の薪は姿は同じ薪でも

熱が違うのです。

同じ1本の薪が出す熱量が違うのです。

安心してゆったりと薪ストーブの番をして大丈夫な

頼もしい信頼できる薪なんです。

「あかん!ストーブに薪を入れるの忘れてた!!」

と、大急ぎで薪ストーブの入口をあけても

「え~まだあるやん!」

と、いうくらい薪はちゃんと燃えながら残っているのです。

 

 

 

 

 

2月は気温が低いので

水道管の凍結や

排水管の凍結や

ボイラーの故障や

野菜の凍結、

植木が枯れたり

なんか計り知れない凍結やら故障やらに

気を配っております。

 

 

 

 

 

気を配っております割に

この間まで温度計というものがなく

温度を測るのは

ホホバオイルと鉢植え植物でした。

 

 

 

 

 

ホホバオイルはよっぽど部屋が暖かくないと

オイルが固まってしまい使えません。

部屋が20度を超えないと液体になってくれないので

一番使いたい季節、肌がカサカサする冬は

いつもオイルはカチカチに固まってます。

だから、ホホバオイルが溶けていたら

「なんか、贅沢に薪たいてるかも・・・」

と、感じて上限超えと計測。

 

カチカチのホホバオイル

カチカチのホホバオイル

 

 

 

 

 

 

一方、下限はこちらの鉢植えがしんなりしてきたら

部屋が5度を下まわって水道も危ないかもと計測。

今季はずいぶんと鉢植えがしんなりを通り過ぎ

枯れてしまっておりますが

水道管も排水管も無事に通っております。

 

 

 

寒さに耐えかねている鉢植え(枯れ気味)

寒さに耐えかねている鉢植え(枯れ気味)

 

 

だいたいではなんだか危ないので

初めて温度計を購入しました。

だいたい、13度くらいで毎日過ごせているようです。

 

 

 

 

 

13度は低いでしょうか?

動いていれば大丈夫です。

止まったら手足が冷えます。

時々、人が来て寒いだろうと思って

薪をどんどんほりこんで20度くらいにします。

 

 

ここを通るたびに温度をチェック!

ここを通るたびに温度をチェック!

 

 

 

 

 

いつも13度の生活の人は

室温が20度になったらどうなるのでしょう?

それは、幸せすぎて眠たくなってしまうのでした。

いつもより暖かすぎると

眠たくなって居眠りを始めるのです。

 

 

 

 

 

春はだから眠いのかな・・・・と

室温時々20の日は思うのでした。

 :