トップ > ブログトップ > 2015年 > 9月の記事

2015年9月の記事

今日は満月。

ゴーヤ採り残したままぶら下がって・・・

ゴーヤ採り残したままぶら下がって・・・

昨日も雨でしたが
今日も雨の朝。

 

 

 

一年に一度の中秋の名月を楽しみにしていたのに
見えないでしょうね。
夜空の観察の趣味はないのですが
満月の日に気になっていることがあって
今回は確かめてみようと思っていました。

 

 

 

満月の日の夕方、車を走らせていると
巨大な月に出くわす地点があるのです。
「え!あれは何?」
と、何かわからないくらいです。
月と思えない月が見える場所が
2か所あります。
少し車を走らせて場所が変わると
いつもの月の大きさに見えてくるのですが。

 

 

 

きっと大きく見える理由があるのでしょう。
他にもそんな場所があるのでしょうか?
とても興味があります。

 

 
あれ!
太陽が出てきました。
晴れてきました。
今晩は月が見えそうですよ。

秋の訪れにのって・・・

オープンの看板を出しにいくタンポポ夫人

オープンの看板を出しにいくタンポポ夫人

すっかり秋になったことを
白樺の落葉とイタドリの変色?と
シュウメイ菊のかわいい丸みが教えてくれてます。

 

 

先日、久しぶりのお客さんがいらっしゃいました。
アフリカの太鼓とポン君を出会わせてくれた
「山北紀彦さん」でした。
あまりにも久しぶり
「以前はいつお会いしましたっけ?」
と、ご挨拶。
「ポン君が北海道に帰ってきたときかな?」
と、山北さん。
それならそんなに久しぶりでもないのか?!

 

 

 

山北さんはパーカッションの演奏者です。
今回は北海道をぐるっとツアーだったそうです。
“safaiko”(FB)
「大沼でこれからあるんです。」
と、山北さん。
“hako-i-nori”

 

来年1月にはセネガルへの参加型ツアーもあるそうですよ!

来年1月にはセネガルへの参加型ツアーもあるそうですよ!

たんぽぽCaféの店番は
こんなときに楽しいなと思います。
山北さんの20年を
尋ねてきてくださることで
見せていただいている
「山北さん物語」。
そこには、ポン君の
「ポン君物語」
が重なり、ポン君の成長を見守ってくださる
ポン君いわく「ともだち(ほぼポン君より15年以上の大人の人ばかりですが・・・・)」
の20年も重なって。
そして「ともだちの家族」の20年も重なって。

 

 
タンポポCaféで店番をしながら
まだまだ続くそれぞれの「物語」を
チョビチョビっと聞かせていただき
見せていただき
カウンターのこちらで人生勉強いたしております。

 

 

さてさて、本日は強風のなかのオープンです。
だいたい朝から日暮れまでオープン。
近頃、日暮れが早くなってきましたね。
それでは一日楽しく過ごしましょう!

お休みさせていただきます

明日、4日金曜日と
明後日、5日土曜日
その次の日、6日の午前中まで
お休みさせていただきます。

 

 
10周年の記念行事の準備と
そして、黒松内に来て下さる160名あまりの方々を
お迎えする準備と・・・・。

 

 

 
そして、行事が終わると子供2号は
長い長い夏休みが終わり
大阪から記念行事に参加するために来道する
母と共に帰るのであります。

 

 

 

恒例のご挨拶
「帰ってくれてありがとう。
 よかったら、また来てや!」
うれし涙で手がもげるほど振れるだけ手を振り送ります。
「絶対冬休みも来たるで!!」
と、負けない子供。
「いえいえ。
冬は家族でゆっくり過ごしたり
旅行にいったりしたらよろし。
映画行ったり、吉本行ったり、えべっさんも行きなされ。
ここには何にもないですから、大阪で正月を迎えたらいいやん。」
と、都会の正月プランを紹介中。

 

 

 

 
長い夏休み約50日間。
最長記録のタンポポハウス滞在となりました。
何もないタンポポハウスで楽しいことは
誰とでも(お客さんと)いろんな話ができることなんだとか。
都会では知らん人とは話はしないそうです。
誰とでもと言っても
子供さんもいれば定年後のご夫婦
自転車旅行のお兄さん・・・・。

 

 

 

 
どんな話をしているのか知りませんが
タンタンの次にお客さんと距離を詰めていくのがうまいです。
知らない間にお客さんの椅子の横に立って話していたり、
知らない間にお客さんをタンポポハウス中ご案内していたり・・・。
子供2号の素敵な一面を
見せてもらった夏休みでした。

 :