トップ > ブログトップ > 2015年 > 7月の記事

2015年7月の記事

寄せ合って・・・・・

♪タンポポハウスで
「ジ」から始まる
ものは「じいじ」なんですゥよ〰♪  
と、子供2号は爺さんを歌にして
アルプス一万尺の曲にのせながら歌い
のんきに日々暮らしています。    

 

 

今日はどうしても爺さんの教えを請わなければ
なしえないものがあり頭を寄せております。 

 

 それは「飯盒」でご飯を炊くという
人生初な調理方法。 

 

 
 「はじめチョロチョロなかパッパッ、 
赤子泣いてもフタ開けたらアカン!」
というお馴染みの呪文を伝授され
火加減の調整から指導が入りました。    

 


「見てみろ。 
これくらいに火をつけなあかん。 
湿った木は使ったらあかん。 
うちわであおぐときはそっとこれくらいに・・・。」
タンポポさんが教えます。

 

 
「火が弱すぎると 
煮えたいのに煮えられんと 
お米が『こめ(米)った、こめ(米)った・・・』 
ってどうしたらええか困るやろ」
とダジャレ?を交えつつ・・・・。    

 

「まあ、それでも上手く炊けんこともあるやろ。 
そんな時はどう言うねん。わかるか?」    

 

 

「じいじ、自分で言えばいいやろ!」
と、子供2号。      

 

 
「こめ(米)んなさい」
と、満足げに教えるタンポポさん。    

 

 
初めての飯盒炊爨で覚えたことは・・・・・。
『こめ(米)った、こめ(米)った。』
『こめ(米)んなさい』
と、いう飯盒でご飯を炊く技術とは
ほど遠い爺さんのダジャレの記憶に違いないでしょう。   

 

 
 夏休みの思い出というのは
案外どうでもいいヘンテコリンなことが
毎日積み重なっていく素敵な1ヶ月だったな・・・・と
2人の寄せ合った背中を見て思いました。

いつもの顔ぶれで外朝食

暑い日がやってきました。

 

 

久しぶりの外で朝食です。
各自、仕事の手を止め
集合します。

タンポポさんの時間短縮用黄色いカゴ付自転車とタンポポ夫人の一輪車

外朝食に集合したタンポポさんの時間短縮用黄色いカゴ付自転車とタンポポ夫人の一輪車

 

 

今日は風も少しあり
刺す虫も多くいません。
タンタンとボノは「おやつもらおう」と思って
参加します。

 

 

参加といえば
このメンバーはこの季節、
お馴染みの顔ぶれ。

 
労働婦人部は今季は早い活動開始で
イチゴのジャム作りからのはじまりでした。
はや、ひと月の活動です。
大阪からの婦人部・部員に
「まだ帰らんといてや〰。」
と、タンポポ夫人は引き留めております。

 

労働婦人部作「イチゴとハスカップのジャム」

労働婦人部作「イチゴとハスカップのジャム」

 
これから、ベリー類が採れだし
最終ブルーベリーまでの活動を希望しております。
ありがとう!お疲れ様ですが
もうちょっとよろしく!の気持ちを込めて
労働婦人部員にタンポポハウスより
゛漢方マッサージ・2時間コース゛
をプレゼントしました。
気持ちよかった・・・と喜んでくれました。

 

 

「50日間くらいよろしくおねがいします」
と、子供2号がやってきました。
毎年の恒例「夏旅」のテーマは
“宿泊費をうかせて海鮮を食べる旅”。
なので本気でテント暮らしを覚えます。
どんな天気でもテントを設営して寝られますように・・・。
それが、今年の夏の目標です。
旅の行先は未定。
今日はかまどを作って火が燃えるか実践しました。
「ちょっと手伝って・・・・」
と、手伝いを要求する回数が多い子供2号ですが・・・。

 

明日はもっと暑くなるそうですね。明日もいい一日を・・・。

素敵な季節

素敵な季節です。

 

タンポポさんの畑ではイチゴが採れだしました。
無農薬・有機で育てるタンポポ畑のイチゴは
イチゴの味がします。
イチゴの味ってどんなイメージですか?
なんでも
ただ甘いことが美味しいと感じてしまうのは
「おいしい」がすべて同じ所へたどり着いてしまうようで
もったいないです。

 

 

タンポポさんのイチゴは
小さい頃おじいちゃんの畑でつまんだイチゴの味がします。
口の中に入ってる間に
甘酸っぱく、甘く、爽やかな、
そして粒粒とイチゴの食感を最後に・・・・・。

 

 

 

昨日は、12名で茶話会のご予約をいただきました。
テーブルをセットするタンポポ夫人。

 


チーズケーキ・小豆とクルミの黒糖ケーキ・
卵のケーキ・プリンともちろんタンポポハウスの
「走るニワトリの卵」から作ります。

 

 

皆さん゛ブルーベリーシェイク゛を楽しみに
一年に一度タンポポハウスに来て下さるのです。
タンポポハウスの今年のブルーベリーは
まだ花が終わり黄緑の実が木にたくさんついているところです。
皆さんの分は去年からブルーベリーを煮てとってありました。

野生の野イバラがテーブルを飾りました

野生の野イバラがテーブルを飾りました

 

ニワトリを見たり、
畑を見学されたり
少しの時間でしたがゆっくりしていただけましたでしょうか?
来年もまたお待ちしています。
今年も皆さんのブルーベリーシェイク用の
ブルーベリーはちゃんとキープしておきますから!!

 :