トップ > ブログトップ > 2015年 > 5月の記事

2015年5月の記事

でてこい!!

 

「もう終わり、でてこないよ」
と、言われていたシイタケがでてました。
お昼のパスタにいれます。
存在感のしっかりあるシイタケでおいしいです。
「これはなんというキノコですか?」
とお昼のパスタご注文のお客さんがお尋ねでした。
歯ごたえがプリッとして美味しかったそうです。
シイタケではないみたいなんだそうです。
終わりかな?と
あきらめていたのにうれしいシイタケです。

 

 

 

庭の一番美しい季節。
「2.3年庭のあちこち様子見てるのに
 どこからもでてこないのよ。
 どこに植えたのか忘れちゃったのかな。
 せっかくもらった花なのに消しちゃったかもね。
 ごめんねぇ。」
と、お花の苗をくれた人に謝るタンポポ夫人。
お花の苗をくださるその人は
「多分・・・・・。
 その花の苗はまだあげていないと思います。」
と、ポツリ。
「ええ!!!!!!
 まだもらってないの?!
 そりゃでてこないはずやねぇ。
 もらってないんやったら・・・・。」
という落語のようなタンポポ夫人。
2.3年もの時間を待ち続けあきらめぎわの笑い話です。

 

 
あきらめられずに1週間探しているのは大事なメガネ。
土曜日は使った・・・
日曜日はしていなかったらしい・・・。
覚えているのは
「こんなところに置いたら
 置いたこと忘れてえらいこっちゃやな・・・。」
と、思いながら置いたこと。
置いたことは覚えているのに
いつ、どこで置いたかがわからない。

 

 

困った、困った。
しかし、こればっかりは
あきらめずにゆっくりと待ちましょう!
きっとどこかから出てくるはず!

 

 

完璧な割合

庭の花のきれいな季節です。
冬より春からのほうが
時間が3倍早く過ぎてるように感じます。

 

 

 

「どうしてそう感じるのだろう?」
と考えました。
「きっと、色があるものが次から次へと出て
 大きくなっていくから早く時間が過ぎてるように
 感じるのじゃないかな」
と、思いました。

 

 


もう、そろそろ綿毛になっているタンポポですが
タンポポとニワトリの映りこんだ景色がいいです。

 

何がいいって
タンポポの花の黄色と葉っぱの緑の割合がいいですし、
緑の雑草の中に咲くタンポポの散らばり具合がいい割合ですし、
その雑草の中を歩くニワトリの大きさとタンポポの花の大きさの
割合が完璧です。
(毎年思います。)

 

 

 

何から何までぴったりやな…と
バランスの良さに惚れ惚れと
カメラをかまえて持っていると
割り込み犬のシッポが写りこんできます。

 

 
「ここに犬はいらんなぁ・・。
 どいてちょうだい。
 写してほしいんか?
 はい、これでええか。」
と、一枚サービスしときます。

 

 

 

犬が美しく映るのは
夕方の歌才2号線を蛇行しながら鼻をならして歩く時です。
シッポを規則的に左右に揺らしながら
お尻をふって歩く姿は
犬の大きさと道路の幅と空の色の割合が完璧です。

 

 

 

 

ちなみに、
シッポのなかではタンタンの持ち合わせたシッポが
一番美しいです。
タンポポハウスでぜひ、ご覧下さいませ。

水仙満開

 

水仙まつりを行いました!
水仙が全部咲きそろいました。
タンポポハウス住民のみの非公式な不定期な祭りです。

 

 

祭りの内容は「水仙咲いたね〰」と言いながら
「すずや」さんの和菓子を2個食べていいということ。
3個でも食べれそうな「すずや」さんの和菓子を
2個にするところが行事的です。

 
「すずや」さんは黒松内にある和菓子屋さんです。
心にしみてから
からだの一部に溶け込むような和菓子です。
私が思うには緊張を溶かす作用がございます。
自分では気が付かないような
どこかにひっかかかる心の緊張をといてくれるような・・・・。

 

いつもタンポポCaféのお客さんにも
おすすめするのですが
場所は
「黒松内から島牧にぬける峠の前右手」
「黒松内中学校の少しむこうの右手」
です。
なぞなぞのような説明しかできませんが
「見える人には見えるわよ!」
とお客さんが言われました。
素敵なお客さんがそう言われたのできっとそうなのです。

 

 
「すずや」さん
営業日 木・金・土・日
午前9時から売り切れしだい閉店

 
6月は「葛まんじゅう」で「・・・・まつり」開催予定。

ストーブをつけて・・・・。

「なんか寒い」
そうなんです。なんだか寒いのです。
一度重い上着を脱いで
暖かい空気を感じた身体は
再び重いものをまとうことに疲れを感じます。
半袖生活を謳歌したGWから
再びのカーディガン生活は肩がこりますね。

 

タンポポCaféの朝

タンポポCaféの朝

一枚はおればいいのですがはおらない。
それが「なんか寒い」の原因と思われます。

 

 
土曜日、日曜日と「とうふ処みうら」さんに
豆腐パンを焼いてお届けします。
三浦さんの木綿豆腐を使って焼きます。
パンも温度が低いせいか発酵するのに時間のかかるようです。
こんな時も「なんだか寒いのかな」と思います。
でも手助けすることなく
膨らんでくるのをただただ、じっ―と待つのみです。

「とうふ処みうら」さんの豆腐がたっぷり入った豆腐パン

「とうふ処みうら」さんの豆腐がたっぷり入った豆腐パン

 
今週末で越冬にんじんが終わります。
「にんじんのサラダ」でお出ししていました。
冬の間土の中に埋めて
雪の下で春を待ったにんじんは
甘くておいしいです。

越冬にんじんのサラダ

越冬にんじんのサラダ

今はお風呂の順番を待っています。
タンポポ住民は「寒い寒い」と次から次にお風呂に来ます。
本日は久しぶりに「風呂読書」が心地いい寒さです。

 :