トップ > ブログトップ > 2015年 > 3月の記事

2015年3月の記事

「特上チーズケーキと失敗クッキー」

「これはどうやってつくってるの?」
と、友人に聞いたら
「牛乳を沸かして冷ましたら上に浮いてる2センチくらいの部分」
とか
「発酵させて水分を抜いたもの」
とか
「牛乳を沸かしたときにでる油の膜」
とか教えてくれるので・・・・・。
それは何か・・・・・?
味をみて自分の中で知ってる味を考えてみる
「ヨーグルトの蓋についてるヨーグルトの味がする」
とか
「水抜きヨーグルトのボソボソの味がする」
とかこちらはいい加減な味の記憶で考えてみます。
よく考えてみたら発酵乳製品の味の記憶は
私の舌にはないのです。
だから表現が乏しくすべてがヨーグルトに思えてしまうのだから
ごめんなさい。
しかし、出来上がりのチーズケーキは極上!
焼いた翌日でこの味か!と驚きのました。
濃厚チーズケーキです。
何が違うか考えてみました。
きっと友人のいうところの
「牛乳の沸かしたところの上澄み」
という1品かと思います。
たぶん生クリームの濃い固まりかな・・・と思って使ってみました。
タンポポハウスでも作りたい!
私の大きな感動ぶりに
「どうやって作るのか詳しい人に聞いてみるね」
と友人。
このチーズケーキを持ってお姉ちゃんのところへ出かけていきました。
それに比べて本課題のクッキーは
失敗につぐ失敗・・・。
原因はモンゴルバターに水分が残ってることと
グラニュー糖が荒すぎて解けないこと。
バターは練って水分を抜くことにして
グラニュー糖は粉砂糖に変更してみることに。
この失敗のクッキー、親戚のおばんさんが食べた感想は
「アールールーなの?」
とのこと。
アールールーは発酵させた牛乳を水分抜いて乾かしたもの。
昔からの伝統的な発酵乳製品です。
確かに・・・・。
固いし似てるかも・・・。
こんな試行錯誤の合間にも
「狼と遊牧民」の映画を見に行ったり
生演奏のモンゴルオリジナルミュージカルを劇場に見に行ったり
楽しい出張です。

「週末はいい空気を吸いに」

週末なので1時間ほどかけて車で郊外に。
サンドイッチを買ってお菓子を買って
ジュースを買って・・・・。
「子供の健康にもいいし
 大人も田舎に行くと気分が上がるんだよ」
と、友人が話します。
木の中に入っていい空気を吸うのだと。
まだ、マイナスと思われる気温の中
友人と家族と車にギュウギュウと乗り込んで
スキーウエアーを着てピクニック?????
マイナスの気温で?
友人の家族の習慣や行事なのかと思っていたら
山の上には車、車、人、人、人。
それも、子供連れだけのレジャーではなく
おじいちゃん、おばあちゃん、生まれて数か月の赤ちゃんも!
生まれて数か月というのがわかるのは
この国の習慣で布で赤ちゃんをグルグルまっすぐに巻いて
移動するのだから
女の人が抱きかかえた筒のようなものは赤ちゃんなんです。
おじいちゃん、おばあちゃんは椅子に座り
お話をしながら景色を眺めたり・・・・。
まだ歩くことのおぼつかない
小さい孫をソリにのせてひっぱったり・・・・。
グルグルまきの赤ちゃんは乳母車のようなものにのせて
お日様をあびて
大勢で来た人たちは歌を歌ったり
ゲーム大会?をしたり・・・。
何もないただの山の上なんです。
タンポポハウスの裏山のような。
素敵です、「いい空気を吸う週末の山の上」。
「田舎に来たらテンションあがらない?」
と、友人が私に聞くのですが
「テンション上がるかな・・・・。
 (うちの裏山でマイナスの気温でおじいちゃんとかおばあちゃんとか椅子に座って日光浴やろ?!)
 んんん・・・・・・。
 木が出したいい空気吸うとテンション上がるというか
 気分が落ち着くかなぁ。
 日本でも週末田舎に来る人いるけどテンション上げるために来るのかな?」
と、返事に困る田舎に住んでいる私。
都会に住む友人は週末に郊外へ出ることが
元気出すための必要なことらしいです。
それは都会に暮らす人たちに共通する感覚なんだとか。
友人と家族とが大喜びで雪遊びをしたり
雪の上で椅子をだし気持ちよさそうにしてる人々を見ながら
私が考えついたことは・・・・・。
「きっと田舎に来て気分が上がるのは血じゃない!?
 民族の血が騒ぐんじゃないの!
 草の匂いとか広い空とか大地を吹く風とか。
 長く広い大地で暮らしてた血が感じるんじゃない?!」
と、友人に言ってみたら友人は首をかしげていました。
それでは、私の民族の血はどこでテンションがあがるんでしょうか?
まだよくわかりません。
しかし、今日一番テンションがあがったこと。
乳製品をいっぱい購入しました。
未知の乳製品がたくさんあります。
大昔からこの国の人たちが食べてきた発酵乳製品です。
どうやって使おうか考えると気分が上がりますね。
バターが驚くほど安く、バターの値段を思うと卵が高いです。
バターおいしそうです。
明日から「出張!タンポポハウス」が始まります。

出張!たんぽぽハウス

真っ白な景色に逆戻りです。
木の枝に雪がくっついて美味しそうな景色です。

 

裏のブルーベリーも頭と肩が出たと思ったら
またまた埋もれてしまいました。


今日から
「出張!タンポポハウス」です。
出張先はマイナス10度・・・。
再びスキーウエア―の登場です。
寒さにはめっぽう弱い(精神的に)ので
思った以上に重装備で出かけます。
友人に笑われるかもしれませんが
それよりなにより寒いのは怖い・・・。

 
タンポポハウスが役に立つことができるのか?!
いろいろ持って出かけます。
タンポポハウスに役立つことがみつけられるのか?!
いろいろ買って帰ります。

 

葛根湯と出かけます。
それでは・・・・。

卵9個!きっと春です。

実は2月の初めから卵をうみだしていたいた
タンポポハウスの「走るニワトリの卵」のニワトリたち。

 
今年は
「いつ寒さの底が来るねん!」
2月には水道管の凍結とか猛吹雪とかツライ目にあっているから
決してなめたらあかんで~と心底構えて待っていたが来ませんでした。

 
「今年はこんなもんだべよ~」
と、例年と違う2月に北海道産まれのニワトリは
気が付いていたに違いないです。
だから、そろそろタマゴが産めることに
いち早く気が付いていたのでしょう。

 
2月の初めから1こ1こと増えていったタマゴが
本日9個も産まれました!
昨日よりプラス3個。

 

早速、久しぶりにシフォンケーキを焼きました。
タマゴたくさん使うから春一番の贅沢です。

 

いつもと同じ分量で焼いたのに
オーブンから出てきたシフォンケーキは
「でかっ!」
巨大でした。

さかさまにされ冷めるのを待つシフォンケーキ

さかさまにされ冷めるのを待つシフォンケーキ

このシフォンケーキを見て
連想したことは山菜でした。

 

雪解けして一番にドッとはえてくる山菜の勢いを思いました。

 

歌才2号線珈琲更新されていました。

あわせてご覧ください!

 :