トップ > ブログトップ > 2014年 > 4月の記事

2014年4月の記事

タンポポ・カフェ パン係より


「食事パン」の販売を始めました。
記念して?ゴールデンウイークは毎日販売いたします。
(本日より5月6日まで)

タンポポ・カフェでお出ししている
食事パン(甘くないどっしりパン)を土曜日、日曜日にタンポポ・カフェにて販売いたします。

T-bread /豆腐パン」180g~ ¥300
黒松内「とうふ処みうら」さんの豆腐を使用しています。
雪ぼうず 1:2 小麦
小麦の半分の量が豆腐です。
そのままでももちろん、軽くトーストしていただくと
中はもっちり、表面はカリッと
なにより豆の香りがいたします。
「とうふ処みうら」さんの豆腐のやさしさを感じます。

あわせて、定番の商品を!

「ビスケット five」5枚入り ¥300
「とうふ処みうら」さんの大豆粉 5:5 小麦 を使用。
甘さ控えめのカリッとしたビスケットです。

「クッキーthree」3枚入り ¥300
「とうふ処みうら」さんの大豆粉 3:7 小麦 を使用。
バターたっぷりのリッチクッキーです。

「とうふ処みうら」さんでも販売中。
“T-bread/豆腐パン”は土曜日・日曜日のみ
ですが・・・・GW中は販売いたします。
―GW中「とうふ処みうら」さんでの販売日―
4月 26日(土)27日(日)29日(火)
5月 3日(土)4日(日)5日(月)6日(火)

「とうふ処みうら」さんのお豆腐をご存知ないかた
ぜひ、召し上がっていただきたいです!
みうらさんの豆腐あっての豆腐パン。
おいしい豆腐だから成立する豆腐パンです。

タンポポ・カフェ  パン係
「とうふ処みうら」
北海道寿都郡黒松内町字赤井川5番地 TEL0136-73-2114

珈琲が2倍おいしくなるカウンター

やった!!
タンポポさん、やりました。

冬の間から考えていた
外の景色を見ながら珈琲を飲めるコーナー。

一番のお客さんはタンポポ婦人。
「なかなかええやん。
ここから外見て珈琲飲んだらおいしいと思ったわぁ。」
と、一人ゆっくりと珈琲休憩。

ちょうど、窓から見える歌才2号線が舞台のようです。
「私、踊ろうかな~」
と、タンポポ婦人です。

たんぽぽハウス・カフェはあいてるのか?!

隣のおじさんから夕方に頂きました。「ゆでてアクぬいて食うんだ」そうです。明日の朝ご飯です。

隣のおじさんから夕方に頂きました。                                   「ゆでてアクぬいて食うんだ」そうです。明日の朝ご飯です。

今月14日より春のタンポポ・カフェを
オープンさせているタンポポハウス住民。
あまりにもブログの更新がないので
「開いてますか?」
とお客さんから連絡をいただきました。
ありがとうございます。
オープンでございます。
14日にはきちんとオープンしたのですが、
「あれ・・・・・?!」
「ちょっと・・・・!?」
と、店番一同“ぱたぱた”していました。
“ばたばた”ではなく“ぱたぱた”です。
エンジンのかかりきらない冬眠していた脳みその活動は
非常に鈍いですね。
ばたばたと迅速な解決追いつかず、
ぱたぱたとかわいらしく小走りに解決を急ぐのでありました。

なんとかこの1週間で勘を取り戻したようです。
去年、ゴールデンウイークにタンポポ・カフェを手伝ってくれた
貫禄のある赤ちゃんのお母さんは今年も手伝いに来てくれます。
赤ちゃんはもう1歳。
「めっちゃ、すごい」
ことになってるそうです。
久しぶりに会うのが楽しみです。

このお母さんに教えてもらった
“近所のお好み屋のおっちゃんの話”
何度思い出してもヘソのほうから笑いが沸いてきます。
このお好み焼き屋のおっちゃん、
お店が混んできたらパニックになって
体が動かなくなってしまうのだとか。
“豚玉かイカ玉か”何を何に混ぜてどうしていいのか
いつもしてる仕事なのにわからなくなってしまうらしいです。
おっちゃんが固まってしまったら
バイトのお姉ちゃんが的確におっちゃんに指示をだし
おっちゃんはバイトの指示に従ってお好み焼きを焼くそうです。
何十年も焼いてるお好み焼きを・・・。
そして、常連のお客さんはそんなおっちゃんを見て
「おっちゃん、はよ、暖簾さげ!
このままやったら、評判落とすで!」
と、心温まる配慮とともに
暖簾をさげてくれるのだとか・・・・・・。
たんぽぽ・カフェ店番としては
自分とお好み焼き屋のおっちゃんが重なって
ヘソから笑いが沸いて、額に汗がにじむのでした。

たんぽぽ・カフェにて、頭フル回転でお待ちしています。
たんぽぽハウス・カフェ
OPEN   朝からだいたい日没までオープン
定休日    梨

巨大すり鉢をかかえて・・・・。

春の日差しが残雪に反射するのは
家の中にいても目が痛くなって涙がでます。
せっかくの春の光なので
カーテンをしないで自分にサングラスを
家の中でも装着しました。
おばあちゃんの巨大なすり鉢で
ゴマと麹をすりました。

すりこ木ですり鉢のゴマををすっていたら
先日甥っ子が将来なりたいものは
「ジャニーズ」
と言っていたことを“ふ”と思い出しました。
「ジャニーズになるっていうのは
電車になるっていう子供と同じ感じかしら・・・・?
アイドルになるというなら車掌さんになるでいいけどさ。」
と、思いつつ私が子供の時なりたかったものは
いったい何だったか思い出したりしていました。

小学生のときは、旅人で
中学生のときは、尼さんで
高校生のときは、江戸時代の人・・・・・。

巨大なすり鉢をかかえてゴマをすりながら
なかなか私、いいとこいってるかもと思いつつ
甥っ子のことは言えない・・・・と
ひとり静かな歌才地方ですりこ木を握りしめました。

お知らせ
タンポポ・cafeは
4月14日(月曜日)からオープンでした。
カレンダーを1行見間違えていました。
(よくある失敗ですみません。店番より)

大儲けのたくらみ

裏のブルーベリー畑

裏のブルーベリー畑

毎年この季節に思うことが
「花苗を購入せず自分で増やすことができないか」
ということ。
花苗が自分で増やせたら種一袋の数百円で
花苗を買う分の何十倍の花苗となり大儲けとなる目論見である。

この目論見をもてる春が大好きだ。
花園になったタンポポハウスを想像する。
玄関の階段に・・・・
テラスのアーチに・・・・
あちらとこちらに・・・・・
そして、裏庭に・・・・・。

しかし、この大儲け計画が成功したためしがない。
なんといっても、挿し木50本して3本だけ発芽して
そのなかの2本枯れて1本のみ残ったハマナス挿し木。
そしてこのハマナスが忘れていた頃花を咲かせ
私自身が驚いたという私の実力。

種まきに関しては
もっと実力が伴わない。
発芽が待てずにいじりすぎて発芽率が益々の低下。
なんせ、気になって仕方ないから
少なすぎたか?と土をかけたり、
乾いたか?と水をちょっとやったり
種も土の中でどうしていいかわからず居なくなる。
「ああ・・・・種どうしてんやろ?」
と、今までの自分の努力?に種が答えなかったと
やるせない気持ちになる。
しかし、今回はどうだろう。
種まきでもなく
挿し木でもない。
発根させて植える。
期待が大きい。
未知の作業だ。
発根した植物を植える土も買ってきた。

期待の根っこたち

土代
1000円。
1000円以上の株が育たなければ
大儲けどころかマイナスとなる。
そう・・・・
いつも成果をなさない私の庭いじりが
赤字で終わることがやるせない。
そして、やらなきゃいいのに・・・と思うのである。

が!!春は実力なくてもやりたい気持ちが勝つ。
それが春なのである。

 :