トップ > ブログトップ > 2014年 > 1月の記事

2014年1月の記事

本と漫画の贈り物

今回で2回目となる
大阪からの贈り物が今日届きました。
ありがとうございました。

 

本、本、本・・・・・・・
漫画、漫画、漫画・・・・・・
「タンポポハウスの友人たちと楽しんで、
 人の輪が広がれば・・・・」
と、送ってくださったタンポポさんの高校時代の友だち。


「おお!この本知ってるで!」
と、タンポポさんが手に取った茶色くなった文庫本は
なんとタンポポさんの高校時代の本だった!
「なんか手で触ったとき感じるものがあったんや。
 ほら、おれの字で何か書いてるやろ~。
 線もひっぱてあるし熱心に読んどるな~。」
と、うれしそうだった。
貸したのか、借りたのか記憶はさだかではないそうだか
薦められた記憶があるのと
確かに文庫本に書かれた字は
タンポポさんにしか解読不能の見覚えのある字。
現在も解読の難しいこのクセのある字は
10代の頃からだったのか・・やたらと感心してしまった。


今、一番幸せに思うことは
お風呂で本を読むこと。
“ピーチ”も“アップル”も“ゆず”もあるなか
森に住んでいるのに
“森の香り”の入浴剤がたいそう気にいっている。
「何で木のいっぱいはえてるとこに住んでるのに
 こんに森の香りが好きやねん!」
と、自分につっこみをいれながら入浴剤を入れるのは恒例。
その湯につかりゆっくり汗がでるまで本を読む。
湿気と本は絶対近づけないものだからこその贅沢。
100円の本とか50円の文庫本を購入して
風呂のふたの上にのせて読む。
準備が整って本を片手に
お湯につかるとき顔が緩むほどいい気分。
本が読み終わるときにはぐにゃぐにゃと波打って
バリバリにページどおしがくっついているけど。

 
今回頂いた本もみんなでまわし読み終わって
タンポポハウスに戻ってきたら
お風呂で読んでいいでしょうか?
Nさん、ありがとうございました。

快晴の朝

昨日の夜は寒くて目が覚めてしまうほど冷えた。
12時45分。
まだ、起きる時間ではなく
布団に入ってから2時間45分しかたっていない。

 

「ああ・・・・。湯たんぽすればよかった・・・。」
と後悔してもしかたなく
中途半端な時間に起きて湯たんぽする気にもなれず。
久々に、頭まで布団をかぶって
体温が戻るのを待ってみる。

 

日曜日に大阪に子供2人は帰っていき
夜中に起こされることはなくなった。
一人はおおいきなイビキで
一人はなぜか夜中にトイレに行くとき
「おしっこ行ってくる!」
と、私の頭をゆさぶり決断の言葉を述べていく。

 
「ゆっくり寝られる~。」
と、幸せな気持ちで布団に入ったのに
ここで起きるのは残念でしかたない。

裏の畑のブルーベリー山脈

裏の畑のブルーベリー山脈

寒かったはず。
朝は、久しぶりに太陽がまぶしい快晴。
今日だったら黒松内スキー場に行くのにふさわしい天気。
お二人さん残念。

裏のビニールハウス。半分埋まった。これからテッペンまでは雪が積もるはず・・・・。

裏のビニールハウス。半分埋まった。これからテッペンまでは雪が積もるはず・・・・。

現在マイナス18度。
今日は湯たんぽ準備忘れずに。

1等ハワイ旅行当たらず・・・・。

昨日に続き、黒松内は天候が荒れている。
黒松内スキー場を一日体験した男が2人。
小学生1人、幼稚園1人とも“まだ”北海道にいる。

 

タンポポハウス駐車場にて初日スキー体験(爺さん監督)

タンポポハウス駐車場にて初日スキー体験(爺さん監督)

年明けよりスキーを体験中。
黒松内スキー場で“リフトデビュー”が目標らしい。
昨日、今日と2日連続吹雪でスキー場には行けていない。
本人たちいわく、スキーの板は思うようにいかないと。
「ハの字」にしないといけないのに
末広がりの「ハ」ではなく
先開きの「ハ」になるとか。
「そしたらこけるねん。」
らしい。

 
タンポポ婦人にくっついて
吹雪の今日は図書館へ。
たくさん本を借りてきて
薪ストーブの横で静かに読んでいる。

 

あと、タンポポ婦人にくっついて
農協の年始のくじ引きをひきに。
「ハワイ旅行あててきてな~」
と、お願いして送り出したら
7回引いてこれだけ当ててきた。

トイレットペーパー1個 テッシュ2個

トイレットペーパー1個 テッシュ2個

 
「ついてないな~。天気もくじも。
 ところで1等なんやったん?」
と、聞いたら
「1等はしらん。
 けど、3等はお金やで。絶対。封筒渡してたの見たもん。」
と、言う。
「封筒やからってお金入ってるかはわからんで。
 封筒にポケットテッシュ入ってるかも!
 あんたらのが1等やったんちゃう?」
と、言ったら白い目で見られた。

 

明日の天気は晴れるかな?
歌才2号線珈琲」ブログ更新されていました。あわせてどうぞ・・・・・。

セキとハナミズの年末年始

今日の授業は切り絵

今日の授業は切り絵

タンポポハウス住民が冬に一番恐れていることは
都会系の子供が大勢の中で
「かかっては治り、かかっては治り」した
繰り返しかかりそれでもかかった
強烈に強い風邪菌を持ち込むこと。
たんぽぽ住民が風邪をひくといったら
冬に大阪から子供が来たときだけ。

なかなか根気よくする一人

なかなか根気よくする一人

年末に子供一人がハナミズをすすってやってきたと思ったら
あっという間に田舎のタンポポ住民にうつった。
大人は間接が痛く、腰や手首まで痛い・・・・・。
子供はなんともなく、よく食べよく寝てよく遊ぶ。
ぜんぜん風邪菌なんて問題なく風邪菌と共存しているようだ。

 

こっちが風邪で弱っているから
静かに遊んでもらおうと思っても
くっついたら喧嘩、離れたらくっついて
くっついたら喧嘩・・・・・・。
「こら!!ここは病院ないねんから頭割れたら縫ってもらわれへんで!」
と、マスクの中から叫ぶけど効果なし。
体力がありすぎるから暴れるのかと
朝から熱い風呂に入れて体力を減らしてみる作戦にでたら
余計に元気になってしまった・・・・・。

カッターの使い方を教えるが・・・・

カッターの使い方を教えるが・・・・

うまくいかずにブリッジを繰り返しスネルポーズをする一人

うまくいかずにブリッジを繰り返しスネルポーズをする一人

「毎日同じモンばっかし食べるんか?!
 ほかにないの?!」
と、違うものが食べたいと昨日あたりから言う子供2人に
「お正月3日間は台所の仕事はしたらあかんねんや!!」
と、教え作ってあるものを ちゃんと?食べさせていた。
「今日は4日や。なんか作ってくれるんか?」
と、朝から私に聞いてきた。
「(なんや~もう4日か・・・と思いつつ)そぉ、そやなぁ・・・・。」
と、答えている。

今朝まで食べ続けた「台所仕事」の“おせち”

今朝まで食べ続けた「台所仕事」の“おせち”

さて、2014年の始まりは
セキとハナミズで明けましたが
今日から元気出して行こう!
本年もよろしくおねがいします。

 :