トップ > ブログトップ > 2013年 > 5月の記事

2013年5月の記事

暖かかったり、寒かったり・・・。

先日は「エゾアカガエル」のおたまじゃくしが
畑の溝に「ひじき」のようにたくさん
群がって泳いでいました。

ひじきのようです。

ひじきのようです。

あまりにもたくさんで溝の淵に群がっているので
思わず棒でかき回してみました。
跳ねるように解散することを
期待していたのですが
ひじきの集団は
意外に静かに災いから離れていきました。
残念。
おたまじゃくしの跳ねるところ見たかったです。

先日の素晴らしい天気。

先日の素晴らしい天気。

そんなくらい(おたまじゃくしを棒でかき回したくなるくらい)
とっても暖かく、気持ちのいい天気に
おたまじゃくし同様、タンポポ住民も
喜んでお日様を浴びました。

ホップもギボウシも、もりもり生えてきました。

ホップもギボウシも、もりもり生えてきました。

本日は曇って寒いです。
早春に逆戻りです。
しかし、庭の草花は日に日にぐんぐんと
大きくなっています。
負けてはいられません。
そこで、今年度の「ワクワク企画」。
貫禄のある赤ちゃんのお母さんと一緒に企画中。

 

ワクワク企画

ワクワク企画

明日はお留守番の店番です

明日はお留守番の店番です。
お留守番を頼んだのは
連休もお手伝いしてくれた
貫禄のある赤ちゃんのお母さんです。

オオバナノエンレイソウが近くの林で満開です

オオバナノエンレイソウが近くの林で満開です

ゆったりとしたお気持ちでご来店ください。

 

ちなみに、貫禄のある赤ちゃんは、
先日より足で勢いをつけて
密かに腹ばいになっていました。
本日も
「なんかあんなことになってるでぇ~!!」
と、本人は必死でしょうが
周りは笑わせてもらいました。
ひっくり返るか返らないか・・・のそのときの
表情なく必死なところが
愛嬌があって好きなところです。

本日の夕方の空

本日の夕方の空

明日は晴れたらいいですね。
お月様もきれいですし
きっと晴れるでしょう!
お待ちしています。

本日のお月様

本日のお月様

タンポポハウス・非常勤店番より

晴れた日は・・・。

今日で3日目のいい天気。
喫茶店の薪ストーブに火を入れなくなって3日目。
外仕事に力を使って3日目。

タンポポさんの畑仕事

タンポポさんの畑仕事

春の労働婦人部も湿布を貼りながら
重労働に明け暮れています。
労働婦人部T姉さん
「60歳でガタガタになるなんて悔しいな」
労働婦人部・部長タンポポ夫人
「そんなことないで、お姉さん。
 おばあちゃんは、もっと若いときから新幹線乗って
 遠くのお医者さんまで通ってたで。」
と、お互い励ましながら今朝も朝食をとっていました。

労働婦人部の野良仕事

労働婦人部の野良仕事

そして、話の矛先がタンポポさんに
「なんか、お父さんだけ元気ちゃう?おかしいやんなぁ」
と、タンポポ婦人が言うと
「ストレスないからやろ!
 よう食べるし、おいしいお酒を飲んでるし。
 ストレスある付き合いのお酒を飲んでないだけ
 元気ちゃうか?!」
と、労働婦人部T姉さん。
タンポポさんにストレスが少なすぎ!!
なんで1人だけ元気や!!
もっとストレスを与えないといけない!!
ということに。

昨日は天気のいいなか外でお昼ご飯食べました。

昨日は天気のいいなか外でお昼ご飯食べました。

「せやけど、お姉さん。
 なるようにしかならん。
 おばあちゃんやおじいちゃんがここに居たけど
 今はおらんように、私らも消えていくだけや。
 それでいいやん。」
と、晴れた朝から消える話のタンポポ婦人。
昨日のハッスルしすぎた重労働に
目の下のクマ厚く語ります。

今日のおやつはヨモギ団子です。

今日のおやつはヨモギ団子です。

 

タンポポ夫婦はお互いに弱った時にはやさしくなり
片方の元気だけが飛び出た場合はつつきたくなるという
どうしようもない互助精神にのっとり
晴れた一日を労働に励むのでありました。

赤いカーネーション

今日は母の日。
我が家の母に赤いカーネーションを
送ってくれたのは2番目の娘の夫。
本当の娘と息子は「何もなし」。

洗面所に飾っています。ありがとう。(母)

洗面所に飾っています。ありがとう。(母)

 
 
 
「何もなし」
それは、母の日だからではなく
クリスマスもバレンタインも父の日もなし。
「何でもありは筋が通らん。」
と、タンポポさんは筋を通す男だ。
我が家に行事がないのは
すっと昔からのこと。
 
 
 
誕生日だけは例外で
産んでもらったことに
自主的に両親に感謝することは
誕生日の意味を持つことになっているらしい。
だけど「何もなし」に慣れているので
自分の誕生日すら忘れてしまうほどである。
 
 
 
カーネーションは送ったことはないけど
母がいるだけで
子供はいくつになっても母の子供でいれる。
母にちょっと余って困った荷物を預けられる。
なんだか何かが整理されまとまるものがある。
 
 
 
我が家はお互いに贈り物の習慣はないけど
あるといえば
「幸せなら手をたたこう、トントン」
と、伝えて送る習慣。
「幸せなら態度でしめそうよ
 さあ、みんなで手をたたこう!」
と、一見美しい家族習慣のようだが
「態度でしめせ!」
を重要視する素敵な家族なのである。

元大工の仕事

寒い5月の連休でした。
薪ストーブも心地よく
外の作業は身体がちじこまってしまいました。

枯葉の下にもぐりこみ暖をとるプリン

枯葉の下にもぐりこみ暖をとるプリン

タンポポハウス右側?の柱が
腐って補修が必要となりました。
タンポポさんは元大工に依頼してみました。
「おい、どないやねん。
 お前でできるんか?
 お前にでけへんねんやったら
 本物の大工に頼むから、どやねん!」

タンポポ婦人の作った枯葉入りの穴で暖をとるプリン

タンポポ婦人の作った枯葉入りの穴で暖をとるプリン

「石の上にも3年×2年+1年」の元大工は
軽く依頼を受けて
タンポポさんは補修をしてもらうことにしました。
「元大工のぽん君」は今は違う仕事をしているのです。
だから、
休みの日に仕事をしにタンポポハウスにやってきます。

「寒いよ~」と言いながら仕事をしてる元大工のぽん君

「寒いよ~」と言いながら仕事をしてる元大工のぽん君

でもなんだか怪しいのです。
作業場の壁側から大きく柱を叩く音がして
そして、元大工のぽん君の声が・・・・。
「(柱が叩かれてる音がドン!)なんでやねん!
 (ドン!)くっそう!
  (ドン!)ちくしょう!
  (ドン!)何とかなってくれよ!」
と言う掛け声が一叩きごとに聞こえてくるのです。
どうも何ともなってない?
おいおい、元大工、大丈夫か?

”秘密の場所”の行者ニンニクはそろそろいい感じ。

”秘密の場所”の行者ニンニクはそろそろいい感じ。

まあ、タンポポハウスが家が5センチ右に傾いても
タンポポハウスの最後は森におおわれ、
歌才湿原に沈んでいくらしいので
たいした問題ではないけもしれません。

 :