トップ > ブログトップ > 2013年 > 1月の記事

2013年1月の記事

〖黒松内3人会〗

黒松内3人だけの会、今年も楽しく有意義に終わった。
一年に一回だけ、ただ飲むだけの会。

今年のゲストは最近移住してきたHさんとその友、イギリス在住26年のMさん。
そして初参加の黒松内生まれのSさん。

「ホタルの光」のBGMが聞こえ、催促される時には3時間は優に過ぎていた。
イギリスの話から黒松内の話。世界の音楽の話から移住の話まで、
多岐にわたっての話題は久しぶりの美味しいお酒となった。

こんな小さな過疎の町で世界を語れるなんて贅沢な飲み会。

「僕が次回の集まりを計画します。」と飲んだ勢いではなく、
この言葉にはこの町の将来を賢明に考えるSさんの心意気を感じた。

次回への提案。
移住者から素敵な黒松内人をゲストに。
黒松内人から素敵な移住者をゲストに。

次回も楽しい・嬉しい・美味しい酒を飲みましょう。

一緒に暮らしませんか?

 

我が家の犬の子どもです。
よろしかったら、一緒に暮らしてみませんか?

 

2ヶ月半でメスです。

 
ひとなつく、タンポポハウスで暮らしています。
「このままここで・・・・・・」
とも思いましたが、一緒に暮らしてみよう!
というかたを募集することにしました。

 

ご連絡ください。

 

タンポポハウス

あったかい「0度」

「あったかい」というか「ぬくい」今朝0度。
湿り気のある重い暖かさは「ぬくい」という感じ。

除雪車の修理完了!次の雪に向けて・・・・・・・

除雪車の修理完了!次の雪に向けて・・・・・・・

昨日はラジオから
「明日の用事は今日済ましておくほうがいいでしょう」
と、本日大荒れの天気予報。
なのに何のことはない、のんきな一日に。

裏のビニールハウス降雪量計  1月25日

裏のビニールハウス降雪量計  1月25日

犬達も日光浴してるし
薪運びもしておいた。
準備万端。
よし!こい!大荒れ!

 
冬に体温をあげるには
副交感神経を優位にさせて
足先、指先まで
あたかにさせる方法の紹介を見た。
鍋料理の絵を想像する、
夏のイメージの曲をきく、
コタツに入ってるイメージ・・・・・
頭にイメージを集中させることで
体温が上がるらしい実験だった。

 

そこで、わたくしの左足指のシモヤケに
ハワイの音楽を聞かせて治してみようと思いたった。
インターネットでハワイのラジオ局からの音楽を捕まえ、
左足指で聞きながら過ごすこと数日。
副交感神経を優位にするどころか悲しくなってきた。
窓の外の景色とウクレレの音に
ギャップを感じて落ち着かない・・・。

 

と、いいますか
ハワイに行ったことがないのだった。
イメージが不足している問題有り。

 
しかし、この数日の暖気で
知らない間にシモヤケ完治。

テーブルにコタツを合体させるらしい、たんぽぽさんの作戦。次回の報告お楽しみに。

「どうしても!!」と念願のテーブルにコタツを合体させるらしい、たんぽぽさんの作戦。本日より“性格のよくなる漢方薬”も再服用開始。いったいどうなる・・・・。次回の結果報告お楽しみに。

〖豆おやじと新年会〗

 

『豆おやじが握った握りずし ハマチ・ブリ・マグロ』

『豆おやじが握った握りずし ハマチ・ブリ・マグロ』

豆オヤジ夫婦と恒例の新年会をした。
黒松内町に移住してから20年間続いている新年会。
小学生と幼児だった豆オヤジの子どもたちは独立した。
2人の娘と小学生だった私の子どもたちも独立した。
豆オヤジにはまだ孫はいないが私には4人の孫が増えた。

『大阪で流行っている イカ焼き 大阪からの直送』

『大阪で流行っている イカ焼き 大阪からの直送』

豆オヤジ夫婦の楽天的で飾らない人柄を20年も見てきた。
どれだけ私たちは助けられたことだろうか・・・。
移住という「人生の決断」を、今こうして振り返って見ると、
案外「いいかげん」だったのかもしれない。

『デザートはリンゴパイとカボチャようかん』

いいかげんだったのは男だけで、女はこの20年苦労ばかりの毎日だった。
酒の入った豆おやじが『俺、母ちゃんにいつも感謝しているんだよう・・・。』と母ちゃんに
言ってのけたが、
豆おやじの母ちゃんにしてもヒゲおやじの母ちゃんにしても、
『そんなことあたりまえでしょ!今更・・・。』とバッサリときられてしまった。
豆おやじも今年還暦。
互いに人生を突っ走ってきたものとして、
このへんでスピードダウンさせて、「母ちゃんを大切にしよう・・・月間」を作ることにしょうか。

『鍋料理あり・天ぷらあり・煮魚あり』

そうだ!今度豆おやじの還暦祝いの時に、苦労ばかりかけてきた母ちゃんたちに感謝を言葉であらわそう・・・。
やっぱり飲まないと言えないかなあ・・・。

鳩時計

 

 

毎日カーテン開けて見るところは
裏のビニールハウスの骨組み。
「今日はどこまで埋まったかな・・・」

ビニールハウスの半分

ビニールハウスの半分

ちょうど半分くらい埋まって
一冬分の半分くらいの積雪量かな?

 

何の参考にもならないけど
後、どれだけ降るのかな
後、どれくらいで冬のてっぺんがくるのかな
後、春までどのくらいなのかな・・・・・・
などの思いを測る定規の役目が
この骨組みにはある。

 

今日はタンポポハウスの鳩時計をご覧に入れたい。

めずらしい鳩時計を眺める見学者。


そして、鳩時計の裏側。
以上。

 

 :