トップ > ブログトップ > 2012年 > 7月の記事

2012年7月の記事

本当ですか!?

オオハンゴンソウが咲くと
もう夏は終わるのに
すでに咲こうとしている・・・。
なんてこっちゃ!

オオハンゴンソウ

オオハンゴンソウ

7月なのに
今日は寒くて白菜いっぱいの鍋を作ったら
「温まった・・・・。
 ほっとしたわぁ~。」
と、大阪から来たおばちゃんは喜んだ。
エアコンの冷房の部屋より
今日は寒いそうだ。

栗木に咲く白い花

栗木に咲く白い花

今日、喫茶店に来たお客さんが
「もう、冬がきますよ~」
だって。
そしたら、タンポポ婦人は
「あぁ!!
 私、雪虫見たと思ったわぁ!!」
だって。
それはないでしょう・・・・。
まだ7月なんですから。
多分、草抜きしすぎて
立ちくらみして星が目の前に飛んだのでは・・・?!

 

今日も草抜き

今日も草抜き

バラの花のおじいさん。
白髪が乱れる
“マイマイ爺さん”98歳。
タンポポ婦人の意見に歯を出して苦笑いの様子。

 明日22日(日曜日)喫茶店・臨時休業させていただきます。

タンポポハウス・喫茶店

主食が「キュウリ」でお米は「おかず」

 

お米のご飯食べてる場合やないで。
今日のお昼は
一人あたま、「キュウリ2本」食べなはれ。
主食がキュウリでおかずがお米。

 

夜も一人2本あたるで。
畑に「成長完了・予備軍」が育ってたからなぁ~。
多分、夜にはまた育つし・・・・。

 

しし唐はちりめん雑魚と炒めて
タンポポさんの好きなおかず。
晩御飯は
キュウリが主食で5割
しし唐とちりめん+大根葉炒め 2割
ご飯(お米)1割
お豆の煮たの 2割
全部で10割。

 

食後は主食のキュウリでお腹が冷えて
苦しいからお風呂に入って温まって寝るねんでぇ~。
寒い、寒い・・・・。冷えるわぁ・・・・。

 

スモークツリーが「もっさもさ」してます

スモークツリーが「もっさもさ」してます

初!イチゴシェイク

昨日は窓が開いてるのが寒いくらいだったのに
今日はお日様がジリジリとしています。

 

そして・・・・
今日からタンポポハウス畑で採れたイチゴの
「イチゴシェイク」
始めました!!
今日なら冷たいものがおいしい天気です。
甘さをおさえて爽やかな酸味を残してます。
実は午前中のお客様からご注文いただき初作成!!
「おいしい・・・」
と、ひと口飲まれニッコリされていました。

 

 

左ハスカップシェイク 右イチゴシェイク

左ハスカップシェイク 右イチゴシェイク

おいしいものの基準って
人によって違うと思うのですけど
おいしいか、おいしくないかは
周りの空気や匂いや光やいろんなことにも
左右されるように思います。

 
わたくし、思いますに・・・・、
何より、
「誰と飲むか」
「誰と食べるか」で味は違うように思います。

 
タンポポハウスには
おいしい「空気」と「水」と「光」ございます。
あと・・・・。

あの人とこの人と黒松内岳

山登り・・・・。お断り!!
なのに、土曜日、早朝5時半出発。
黒松内岳に一緒に登ってしまった。
それは、一緒に登るメンバーのパワーに思わず・・・。
「登ってみようかな?!」
と、思ってしまった。

 

素敵な人と信頼を寄せる人の“ひと言”に弱い私。
大変な事でも、難しい事でも、不安な事でも、嫌な事でも
「田中さん、できますよ。」
と、言われたら
「(私にできるのか!)わかりました!」
と、何の根拠もなく“できる!”と信じることができ
突然私は〖できる女〗となる。

 

できる女は早起きが苦手なのに
5時15分に起きて水を2杯飲み、
5時半には笑顔で素敵な人と信頼できる人と黒松内岳へ。

 

ここでどんなに自然が美しかったか語りたいのだが、
黒松内岳の道の途中で見た“ギンリョウソウ”には
「もっとパッとしろ!」
と、感想を述べ
“ノリウツギ”には
「道路の横に咲いてるやつか・・・」
と、感想もなく
考えることは
(こんな谷底で足滑らして
 足の骨折れたらどうやって下まで降りるねん・・・・。)
とか、
(地獄の国へ行く道もこんなんやろか・・・。)
とか
(山登る人は何を考えて登ってるねん。)
とか
(山登りは人生のようだと言う人の人生は
 ほんまにきつい人生なんやな・・・。)
とか、ほぼ山登りとは関係のない集中力に欠ける山登りをした。
おまけに、
山頂が見える8合目くらいで
「よし、ここでいい。終わり。」
と休憩をはさみ降りてきた。

 
なるほど・・・。
山登りは人生だ!というなれば、
頂上に何があるかに興味を持たない
最後までやり遂げなければ意味がないとも思わない
8合目で諦めでも残念でもなく
〖納得〗してしまえるのが私の人生。

 

〖8合目くらいにできる女〗
今日から火曜日も喫茶店で店番してます。

先週土曜日の早朝、霧の中の黒松内岳。

先週土曜日の早朝、霧の中の黒松内岳。

 :