トップ > ブログトップ > 2011年 > 6月の記事

2011年6月の記事

10時と3時は「お茶~!!」

だいたい、10時ころと3時ころに
ちょっと休憩をします。
だいたいなので、11時ころや5時ころに
なることもあるけれど・・・・。

 

本日、午前のお茶。

本日、午前のお茶。

 

タンポポハウス・お茶の手順はこの通り。
①手の空いた人がお茶入れます。
(コーヒーでも紅茶でも緑茶でも入れる人の飲みたいものを。)
②お茶が入ったら山々に轟く声で叫びます。
(どこに仕事しているかわかりません。
 どこにいても聞こえる声で
 携帯ラジオの音にも負けない声で!!)
 大きく息を吸ってから・・・・
「お茶~!!!!!!!」
③いち早く集まってきた犬からお茶とお菓子を守ります。

 

どうやら、お茶~という日本語を知っているようです。

どうやら、お茶~という日本語を知っているようです。

④「お茶~!」の声が聞こえた人は
 仕事をしてても
 いくら遠くの畑にいても
 とりあえず集まります。

 

本日の午後お茶

本日の午後お茶

 

ちなみに、
タンタンの足上げはマナー違反です。
厳重注意!
以上です。

今日の歌才湿原

 

今、自転車で走ってきました。
エゾカンゾウは最後のつぼみまで咲いていました。

 

 

それより、今日の空の色を見てください。
“気持ちスカット色”です。

 

そして、そして今日のプレゼントは
“ハマナス満開”。

 

 

棘だらけの枝をハサミで切ってハサミで挟んで
裏庭からもって来ました。

 

このハマナスは
6年前に50本挿し木して
たった1本育ったハマナスです。

 

50分の1が少ないか多いかと考えると
普通は少ないと思うかもしれませんが
私は、
「50本挿せば1本残るんだ!」
と感心したことを覚えています。

 

たった1本のハマナスでしたが
根が張って枝も増えて
移植後はほったらかしにしてました。
ここ3年前くらいから
どの雑草よりも
高く大きく広がっています。
手入れも栄養もなしで
本当の意味で生き残ったハマナスでした。
長くお付き合いできそうです。

今日のデイナー

「デイナーやで~」
と、本日は父さんから
お呼びがかかった。
夕飯は“初夏の天ぷら”

 

今日の夕飯はセットするところから
父さんの仕事。

 
父さんの畑から
少しずつ採れた夏の野菜が
お皿に並ぶ。

 

 

アスパラを豚肉で巻いたりして
なかなかこった材料だ。
ズッキーニも
豆も
三つ葉も
タマネギも
いろいろと。

 

父さんは次々に天ぷらを揚げてくれるけど
2人だから食べきれない。

 

「おいおい、妻にジャガイモを残しといたってや」
父さんは出かけている母さんの分も
ちゃんと揚げた。
そして、ふるっているのは
皿洗いも
油でツルツルする床掃除も
すべて、父さんが全部片付けた。

 

「妻の天ぷらに虫が落ちないように
 なにか、ちょっとかぶせておかないと」
と天ぷら ふた皿の上に紙までかぶせて
妻の帰りを待っている。

 

今日のデイナーは素晴らしかった。

(樹)

朝10時

 

10時です。

 

タンポポハウスの喫茶店の看板を
国道5号線に出します。

 

そして、自転車に乗って
歌才湿原の花を見に・・・・・・。

 

国道より少し下がっていますので
車の人は見えにくいかもしれません。

 

でも、こんなに国道のすぐ脇です。
見るのは国道からどうぞ!
(これから先の景色のために
 中には入らないでくださいね。)

 

↓これは昨日の夕方

 

 

これは今朝の10時。↓

 

 

先日、近所の知人に
「あそこで、写真とってたのってやっぱり
 タンポポさんだったの!!」
と、目撃情報が寄せられました。

 

そうなんです。
ママチャリ自転車で
猛スピードで国道を走っているのは私です。

 

実は自転車をこぐの早いんです。
中学生の時、20分かかる通学を
朝練に遅れまいと13分の記録で到着したことも。
朝が弱いのに
自転車こぐのが早いのでトン ↘ トン ↗ 。
(つじつまが合う?ってこと?)

根曲竹の豆てしば

 

昨日山に行って取って来た根曲竹は
“豆のてしば”です。

竹のトンネルのようです。

2列目の畑ならし

2列目の畑ならし

“花豆”の蔓がこの竹にからんで成長します。

“花豆”の花はきれいです。
ぜひ、タンポポハウスまで見に来てください。

 

「今日の畑はこれで終わりや!」
というポーズです。

 

それを見学中のプリンが
喜んでシッポふってました。

 

飼い主にやさしい犬です。

 :