トップ > ブログトップ > タンポポハウスの出来事。

タンポポハウスの出来事。

明日19日(金)12時より春のオープンです。

明日までに!と庭を掃除する元気なタンポポ婦人

明日までに!と庭を掃除する元気なタンポポ婦人

いつもより1週間遅い春のオープンです。
遅かったことは鳥や虫が知らせてくれて
1週間違うと「春も進むものだ・・・」と
暖かい今日は準備をしながら感心してます。

朝からウグイスの声があちらこちらで聴こえ
キツツキが木を叩く音が響いてきます。
エゾアカガエルも溝に卵を産みにきているのが
ヒョロヒョロとした鳴き声でわかります。
「ちゃんと、毎年同じように来るんだね」
と、見えないけれども"そこにいる″皆さんに
つぶやきながら歩きます。

冬の間にcafeの室内の壁を珪藻土で塗りました。
小さいときからタンポポハウスに
通いこんでいる子供2号に手伝ってもらい
鏝で塗りました。
「この壁の色の変わったところも好きやってんけど」
と、20年以上になる壁板の変化を彼なりに
気に入って見てくれていたようです。

でも、白くなった珪藻土の壁も明るくていいものです。
初めての鏝使いに嫌にもならず黙々と一緒に作業しました。
次の20年後の珪藻土の壁を
彼はどんなふうに見るのかな・・・と想像すると楽しいです。
「白く塗ったあの時とは雰囲気も変わったな・・・」
とか言うのでしょうか!?

↓室内が珪藻土で白くなりました。

壁が白くなりました。

春の準備を少しづつ・・・・・

珈琲の先生のお店「髙島屋珈琲」さん 本店です

 

 今日もお日様が暖かい一日でした。
少し前はマイナス10度を下回りました・。
今日はマイナス1℃。
マイナス1℃でもお日様がでれば暖かく感じて
ついつい上着を忘れて出かけてしまいました。

 
天気もよく、久しぶりに焙煎の先生のお店に出かけました。
「髙島屋珈琲」さん。
焙煎機の設置から豆の選び方まで
教えてくださった先生です。

 

先生のおとしてくれた珈琲は
久しぶりで一緒に行ったカフェオレ派まで
ブラックコーヒーで香りと味を楽しみました。

 

帰りには生豆も購入してきました。
タンポポハウスの春のopenに向けて
生豆の選別作業も始めています。
もうすぐ春です。
皆さんにお会いするまでにやっておく準備を
少しづつ始めています。

 

Caféタンポポハウスの春のopen予定は
4月19日(金曜日)です。
駐車場の雪が早くとけますように・・・・。

 
お近くを通られましたらぜひ!
先生の珈琲店
「髙島屋珈琲」さん
北海道 北斗市本郷2丁目28-16
☎0138-77-1101

 

 

 

 

「髙島屋珈琲」さんの珈琲豆コーナー

素敵なグリーンのカウンター「髙島屋珈琲」さん

10月30日火曜日より冬のお休みです。

2018年のCaféタンポポハウスを
明日より冬季お休みとさせて頂きます。
たくさんの皆さんにお会いできることは
Caféをあけているなかでの
一番の楽しさであり、うれしさであり、幸せなことです。

 

 

2019年春に皆さんに再会できますことを
雪深い黒松内の冬を過ごしながら
ゆっくりと待ちます。
ありがとうございました。
店番より

 
尚、タンポポハウスの自家焙煎珈琲は
冬季も焙煎し、販売、発送を承っております。
ぜひ、ご連絡いただければと思います。
よろしくお願いします!

シバ栗が豊作です

シバ栗、第一採取場

シバ栗、第一採取場

 

 

タンポポ夫人のこの季節の楽しみに
「シバ栗拾い」があります。
今年は数年に一度の豊作です。
台風が近づくと言われる前に
「雨が降っても槍が降っても栗は拾わないと!!」
と傘をさしての一生懸命の栗拾いです。

 

第二採取場へ向かい移動中

第二採取場へ向かい移動中

 

この栗は25年ほど前に植えた栗です。
この町で”かんじき”を作っていた
80歳を過ぎたおじいさんから頂いた
栗の苗木がこんなに大きくなりました。
おじいさんは
「この栗は実は小さいけれど美味い栗だぞ!」
と、言って
「持っていけ!」
と私に言いました。
栗の美味さより何よりも
その時若かった私は
80歳を過ぎてまだこれから来る年月を思い
種をまき、挿し木もしてたくさんの苗木を育てている
おじいさんの生きていく(生きている)感覚に
驚き感動したものです。
おじいさんが生きてる間には絶対
この栗の実は食べられないのになぜ植えるのか??
と思ったのは私が若くて
想像力が足りなかったと今では思います。

 

 

 

25年の生きた跡を教えてくれる木に
おじいさんのことを私は思い出します。
今なら、
後世に実がなるということを残したおじいさんの思いを感じながら
過ぎた25年の重みと短さと長さを
「はぁ・・・・・」
と、深く息を吐いて思うのでした。

 

第二採取場にて

第二採取場にて

 

 

さてさて・・・・・・
タンポポ夫人は2時間の傘をさしての一生懸命の栗拾いを終え
タンポポハウスに戻ってきました。
その第一声は
「あ〰重っ。籠が重すぎるわ。
 人生の大事な2時間も栗拾いに使ってしまった!!」
と、言いながらの大満足な2時間の大収穫でした。

 

遅い夏休みをいただきます

9月7日(金)~10日(月)をCaféをお休みいたします。
遅い夏休みをいただきます。
よろしくお願いいたします。

 
遅い夏休みといいましても
すでに秋のような北海道タンポポハウスの周辺です。
シラカバやクルミの葉が黄色くなってきました。

萩の花とススキがきれいです。

萩の花とススキがきれいです。

ブルーベリーは長雨と急に来た暑さで
あれよあれよという間に完熟し終了。
最後は虫たちにご馳走しました。
タンポポさんは
「オレのブルーベリーに何するねん!!!!」
と、ブルーベリーをかじる虫たちを
追いかけまわしていましたが
圧倒的な虫の数に負けて
虫たちにブルーベリーを譲ることにしました。

 
最後は私たちの冬に食べるブルーベリーを
確保できたことが
「よかったね・・・・・」
と、いうところでした。
この最後のブルーベリーを無糖で煮て瓶詰しました。
これが自然の甘みだけで酸味が残り美味しいのです。
来年はこの無糖タイプのブルーベリー瓶も
タンポポハウスで販売できればと考えています。

ラズベリーの原種?もジャムにしてみます

ラズベリーの原種?もジャムにしてみます

さてさて・・・・・・
タンポポ夫人が部長を務める
”労働婦人部”は今月末で今期は解散。

 

助っ人で来てくれている夫人部員は
暑い大阪へ戻ってしまいます。

 
婦人部員が去るのと共に
夏が終わるようなタンポポハウスです。

 
この花が咲くと夏が終わりだね・・・・・
と、いつも思うオオハンゴン草が黄色く群生しています。

ハンゴン草は夏の終わりを知らせてくれます

ハンゴン草は夏の終わりを知らせてくれます

 :