トップ > ブログトップ > タンポポハウスの出来事。> 『外車フォードとのお別れ?』

『外車フォードとのお別れ?』

「見間違えるぐらい、きれいに塗装されたフォード」

「見間違えるぐらい、きれいになったトラックター」

タンポポハウスの外車「フォード」の調子が悪く、エンジンがかからない重症。
隣町のまた隣町、黒松内町から南に60キロ「八雲町」の酪農家Oさんに相談。

 

「以前の持ち主から廃車の許可を受けたので、部品でも取れると思って・・・連絡しました。」と電話。
「俺、近々取りに行きますからそのままにしておいてください。」と返事。

 

すぐ翌日にきてOさんは、すばやく運んで行った。
「夢のトラックターだったけど・・・廃車にしてもしょうがなかったんだ・・・。」と
自分に言い聞かせ外車フォードを見送る。

 

そして二日後。
酪農家のOさんが、見たことのないトラックターをトラックの荷台に乗せ、やってきた。
ニタニタした顔で、
「直ったので持って来ました。」
「・・・・。」の私。
「エンジンがかかりましたよ。」
「・・・・???。」の私。
100%廃車したつもりだったから。

 

「えええ!、うちのトラックターと違うんやないの?きれいになっているで。」
「ちょっと塗装してみました、問題ないです。エンジンかかりますよ。」
酪農家にとって今は忙しい日々。
彼の心温まる行動には、
完全脱毛(それは私の頭)。ではなく完全に脱帽。

 

『北海道の農業者は、本当にすごい』と0さんとの付き合いで
あらためて、しみじみ思わされた。

 

『Oさん!感謝!感謝!感謝!です。ありがとう。』

コメント

気持ちは分かりますが、脱毛はしないほうが・・・。

2009 年 9 月 1 日 9:07 PM | せたな 大津牧場

大津牧場さんへ

朝夕寒くなりましたね。
2番草の収穫、うまくいきましたか。
黒松内の友人の酪農家では、一番草そのものが悪かったと聞いています。

2009 年 9 月 3 日 10:46 PM | admin

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURL: http://www.tanpopohouse.net/blog/892/trackback

 :