トップ > ブログトップ > タンポポハウスの出来事。> シバ栗が豊作です

シバ栗が豊作です

シバ栗、第一採取場

シバ栗、第一採取場

 

 

タンポポ夫人のこの季節の楽しみに
「シバ栗拾い」があります。
今年は数年に一度の豊作です。
台風が近づくと言われる前に
「雨が降っても槍が降っても栗は拾わないと!!」
と傘をさしての一生懸命の栗拾いです。

 

第二採取場へ向かい移動中

第二採取場へ向かい移動中

 

この栗は25年ほど前に植えた栗です。
この町で”かんじき”を作っていた
80歳を過ぎたおじいさんから頂いた
栗の苗木がこんなに大きくなりました。
おじいさんは
「この栗は実は小さいけれど美味い栗だぞ!」
と、言って
「持っていけ!」
と私に言いました。
栗の美味さより何よりも
その時若かった私は
80歳を過ぎてまだこれから来る年月を思い
種をまき、挿し木もしてたくさんの苗木を育てている
おじいさんの生きていく(生きている)感覚に
驚き感動したものです。
おじいさんが生きてる間には絶対
この栗の実は食べられないのになぜ植えるのか??
と思ったのは私が若くて
想像力が足りなかったと今では思います。

 

 

 

25年の生きた跡を教えてくれる木に
おじいさんのことを私は思い出します。
今なら、
後世に実がなるということを残したおじいさんの思いを感じながら
過ぎた25年の重みと短さと長さを
「はぁ・・・・・」
と、深く息を吐いて思うのでした。

 

第二採取場にて

第二採取場にて

 

 

さてさて・・・・・・
タンポポ夫人は2時間の傘をさしての一生懸命の栗拾いを終え
タンポポハウスに戻ってきました。
その第一声は
「あ〰重っ。籠が重すぎるわ。
 人生の大事な2時間も栗拾いに使ってしまった!!」
と、言いながらの大満足な2時間の大収穫でした。

 

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURL: http://www.tanpopohouse.net/blog/5093/trackback

 :