トップ > ブログトップ > タンポポハウスの出来事。> 館浦あざらしさんありがとう

館浦あざらしさんありがとう

お帰りになられてから いろんなこと思い出しました

もしかして そうかなー

沖縄のたび話楽しく話したあの時のお客さんかなー

めぐりは ゆっくりで

ああ そうだ そうだった

思い起こしたのは あとのまつり

お礼も申し上げず失礼いたしました

タンポポ宿の連泊のお客様に

楽しい本です と

お見せしたら

「私たち 本が出るのを楽しみにして毎回購入しています

あざらしさんに お会いしたかったわー」

ここから あざらしさんの話に花が咲き

お礼も無しにお別れしたことを悔やめば

「またきっと来年の秋になれば会えるかも」

と励まされ

お客様との距離もグーンと近くなり

良い連休に変身      そして

月曜日の今日は

いまだかってない大洪水の川

リニューアルされた歌才集会所に地域の皆さんで避難

鶏小屋のぎりぎりまで 川のように流れる水

犬たちはロープをはずし

三頭揃って高台の玄関まえに身を寄せ合い

どこにも行かずに 通り過ぎる時を待ち

2時すぎ

やっと静かになりました

ボノが 一番なきました

大変ですよ大変ですよと

タンタンは淡々と時の過ぎるのを待ち

モモはそんなタンタンに身を寄せるようにして

孫もお母さんも集合して

非常用一式背負えるように支度して

歌才暮らし初体験 無事通過

さて 日本海側に車を走らせたお客さん

ご無事で通過出来たでしょうか

自然災害は 待つしかないけれど

そうでないものは あきません

子供たちの未来のために

守らないといけない生きている街

ばあばと じいじは

そんなことを考えながらバタバタしていましたよ

あざらしさーん またいつか会える日までお元気で

もしまた 記憶はっきりしないタンポポママのようなら

思い起こすヒントを沢山くださいねー

何と言いましても 良いお年頃なので よろしく

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURL: http://www.tanpopohouse.net/blog/4962/trackback

 :