労働婦人部2020スタート

今年も活動が再開されました、タンポポハウス・労働婦人部。

70歳を迎える夫人と70歳を超えた夫人が2人で力を合わせて働きます。

タンポポハウスの畑でいちごの次に採れてくるのがハスカップです。

ハスカップはジャムにすると酸っぱい甘い旨みが凝縮された

一度食べたら忘れられないジャムになります。

ただ、労働婦人部・タンポポ夫人は言います。

「ハスカップはねぇ、腰をかがめて実を採らないといけないのが辛いわ~」

しかも、熟したハスカップのみを美しく枝から採るのは

実をつぶさないようにクルクルと回して採るのだとか。

一粒、一粒と摘み取る二人の丁寧な仕事から作った

ハスカップジャムを今日から販売始めます。

黒松内町・「道の駅」にて販売開始!